ソフトB・明石 秋山のバック宙伝説を再現 “プロ入りから16年間温めてた”

2019年04月26日 16時30分

サヨナラ3ランを放ち、鮮やかにバック宙を決める明石(右)

 腰の手術明けで一軍合流2日目のソフトバンク・明石健志内野手(33)が、25日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で劇的なサヨナラ弾を放った。

 0―0で迎えた延長10回無死二、三塁から、右翼ポール直撃の3ラン。鷹党の大歓声の中、ベースを1周すると、最後は側転からのバック宙でホームベースを踏むド派手なパフォーマンスで、平成最後の本拠地ゲームを締めた。

 今季初安打がプロ16年目で初のサヨナラ打。周囲の心配をよそに憧れのシーンを再現した。「(故障明けだけど)腰が大丈夫だというのを思わせられるように」とニヤリ。

「秋山さんに憧れて、サヨナラホームランを打った時はバック宙したいなと思ってて。16年間温めていました!」と、前監督の秋山幸二氏が西武での現役時代に披露した“専売特許”のパフォーマンスを繰り出した経緯を明かした。

 かねて腰痛に悩まされ、今年2月に脊椎全内視鏡ヘルニア摘出手術を受けた。全治3か月ながら驚異的回復で戻ると、前日から左翼でスタメン出場。鷹きってのバイプレーヤーが、外野手を中心に故障者が続出しているチームを救った。