巨人・岡本 完全武装“解除”でツキを呼び込んだ?!

2019年04月22日 16時30分

フェースガードなしのヘルメットで元木コーチ(右)とグータッチをする岡本

 巨人は平成最後の伝統の一戦となった21日の阪神戦(甲子園)に3―0で快勝。2試合連続の零封リレーで敵地3連勝を飾り、単独首位に浮上した。投手戦となったこの試合、貴重な先制点をもたらしたのは主砲・岡本和真内野手(22)だった。相手の守乱によるものだが、実はツキを呼ぶマイナーチェンジも奏功したようで…。

 試合が動いたのは4回だった。無死一塁の場面で岡本の打球は遊撃へのゴロとなったが、これが虎内野陣の“パニック”を呼び起こした。まずはイレギュラーした打球を処理した木浪の二塁送球が野選に。そして二塁へ滑り込み、起き上がった一走・ビヤヌエバを避けるように一塁へ送球された球が大きくそれ、そのまま阪神ベンチへ転がり込んだ。

 いったんは無死二、三塁で試合が再開しかけたが、審判団の協議の結果、一塁への悪送球がベンチに飛び込んだため「ボールデッド」となり、二塁セーフとなっていたビヤヌエバに2個の進塁が認められ、ラッキーな形で主導権を手にした。

 その後は7回の山本の適時三塁打などで突き放し、阪神戦は今季負けなしの6連勝。平成最後のTG戦を零封で締めくくった原監督は「非常に緊迫したゲームの中、粘り強く戦ってくれました。(平成最後?)まだ語るほど私も余裕がありません。今日の勝利を収めることができた。平成に感謝したいですね」と振り返った。

 相手のミス連発に助けられたとはいえ、流れを変えたのは岡本の一打。試合後「みんな忘れてると思いますけど…」とちょっぴり恥ずかしそうに切り出した主砲は「どんな形でも1点は1点なので」と最後は胸を張った。

 そんな岡本は最近になって、周囲をヒヤヒヤさせる“モデルチェンジ”を施していた。開幕戦からかぶっていたフェースガード付きのヘルメットを9日の中日戦(ナゴヤドーム)から、ノーマル仕様に替えている。今季のチーム方針ではケガ防止のため打撃に悪影響を及ぼさない限り、フェースガードの装着が原則となっていたのだが…。

 しかし、岡本の場合は「打撃への影響? 特にないです。気分転換です」とケロリ。「それまで打てなかったんで。手袋も替えて、バットも新品にして、ついでにヘルメットも替えました。今は打てているから続けているだけです。また打てなくなったら、また(フェースガードを)付けます」とのことだった。

 これにはチームスタッフも「何となく全員がフェースガードを付けなきゃいけない雰囲気がある中、和真は堂々と付けない。周りに流されないというか…。巨人の4番という重圧があるはずなのに、いい意味でどこか“遊び”がある。なかなかできることじゃないと思いますよ。やはり大物の予感がします」とビックリだった。

 ヘルメットを替えてから4本塁打を放ち、打率は1割8分4厘から2割4分3厘まで上がった。この日は打点なしの4打数無安打に終わったが、幸運を呼んだこともあって「(ヘルメットは)替えないと思います」とニヤリ。岡本が次にフェースガード付きヘルメットをかぶった時は不調に陥ったという“危険信号”だが、今のところ心配はなさそうだ。