阪神が21日の巨人戦の判定について意見書

2019年04月22日 11時00分

 阪神が21日の巨人戦(甲子園)の4回の守備に関して意見書を出す方針を示した。

 無死一塁の場面で岡本の打球を遊撃・木浪が二塁封殺を狙ったが、タイミングが遅れてセーフ判定(記録は野選)。すかさず二塁・糸原が一塁へ送球したが、二塁上で立ち上がったビヤヌエバと交錯して悪送球となった。矢野監督が審判に詰め寄ったものの、守備妨害は認められず。そればかりか、審判団が再度集まった末に悪送球が一塁ベンチに入ったことで2個の進塁が認められて生還となり、痛恨の先制点献上となった。

 谷本球団本部長は試合後「(ビヤヌエバが送球の)邪魔になったことは間違いない。流れの中なのか微妙なところ。その後に(走者が)2つ進んでいることもどういう判断だったのか。意見書を出すことになると思う」と話した。