阪神また守乱で巨人に完敗 矢野監督「俺の責任」

2019年04月21日 19時49分

 阪神は21日の巨人戦(甲子園)に0―3で敗れ、カード3連敗を喫し、単独最下位に転落した。

 またもや守乱が敗戦に直結した。0―0の4回無死一塁、岡本の打球を遊撃・木浪が二塁封殺を狙ったが、タイミングが遅れてセーフ判定(記録は野選)。すかさず二塁・糸原が一塁へ送球したが、二塁上で立ち上がったビヤヌエバと交錯して悪送球に…。

 矢野監督が審判に詰め寄ったものの、守備妨害は認められず。そればかりか、悪送球が一塁ベンチに入ったことで2個の進塁が認められて生還となり、一気に先制点を許すことになった。

 9回には代わった二塁・上本の失策からダメ押しの3点目を奪われるなど負の連鎖を断ち切れず、今季初めて好調の梅野を5番で起用するなどてこ入れした打線も機能せず、好投の先発・西を援護することはできなかった。

 試合後、開幕から巨人戦6連敗となった矢野監督は「強く気持ちを持って戦っているが、その中で結果が出ないのは監督として俺の責任」とざんげするしかなかったが、この窮地をどう乗り切るのか。