西武・辻監督 2勝目の今井に注文「今日は打線に助けられた」

2019年04月20日 19時27分

2勝目を挙げた今井(左)

 西武は20日、ソフトバンク戦(メットライフ)に6―4と逆転勝ちを収め、今季5戦目で宿敵に初勝利し、連敗を3で止めた。

 試合後、辻監督は「ひとつ勝つのはしんどい。木村がよく打ってくれた。(続く金子、源田の適時打について)あのヒットも大きかった。二死からのタイムリーはこっちとしても大きいし、相手からしても重い1点でしょう」と、2四球に4長短打を絡めて5点を挙げた2回の攻撃を振り返った。

 その“つながり”を生んだ源田を2番に戻した打順の原点回帰については「源田が普通にいけるということだったんで、うまくいくと思った。これが一番の(今年の)形だからね」と話した。

 一方で、7回途中6安打2失点で2勝目を挙げた先発・今井には期待が高い分、注文がついた。「ブルペンからあまりよくなかったから心配だった。(初回に)ホームランを打たれたからか、若さがなかった。どうしてもコントロールをつけなきゃというところがあるのか、腕の振りが変化球になると緩かったし、今日は打線に助けられたんじゃないですか」と辛口採点。

 続けて「ピッチャーの代え時は難しい。7回は(森)友哉とも話をしたんだけど『(今井は)いけてもあと1回ですね』と言ってたんだけど、平井に(回の頭から)代えておけばもっとすんなり抑えられたと思う。でも、あそこは最後だと思って投げ込まないと…。ただ、本人も力むとストライクが入らないという不安があるんでしょ。どうしても(ストライクを)取りにいくと本塁打、被本塁打が多くなるというのはそういうところにある」と話した。