西武・辻監督 今井自滅で大敗「一番しょうもない試合」

2019年04月13日 19時00分

 西武は13日のオリックス戦(メットライフ)に3―10と大敗し、再び借金1となった。

 先発・今井が初回から押し出しを含む4四球と制球が乱れ、6回途中5安打6四球7失点の大乱調。このリズムの悪さに守備陣も3失策と乱れ、辻監督が「オレが就任して、一番しょうもない試合でした」と本拠地ワーストゲームに位置づけてざんげした。

 指揮官は少しあきれた口調で会見を切り出した。「(初回は)ひどかったね。ストライク取るのに精一杯だもん。どうしたんやろ。分からん。どこか悪いのか…おかしかったねぇ…。その中で立て直さなきゃいかんよ。エースにもならなきゃいけないというピッチャーが、あんなんじゃダメよ。ストライク取るのが精一杯じゃ、お前バッターに向かってんのかって。なんか情けないね、今日の投球は。若さがないし」

 初回から制球が定まらない今井がいきなり4四球で先制点を献上。その後も立て直せず3回に2点、4回にも1点を失い、6回二死から四球に3安打、2失策が絡み3失点。3―7と一気に流れを手放してしまった。

 指揮官は6回の秋山、森の2つの適時失策について「連鎖反応。本当に基本だよ。やっちゃいけないことをやるから。あそこはもう1点もやれないということで勝負をかけてる。外野が前に来てるのに。それを2―2で勝負できない。3―2まで持っていく。ランナーが走る。当然、1点もやれない。そこで外野手だってプレッシャーかかるよ。バウンドが合わないこともあるよ。二死から出しちゃいけないところで四球を出す。ワイルドピッチでああなる。そういう焦りが出てくるからね」と解説。全ては今井が二死を取りながら8番・後藤に与えた四球から負の連鎖が始まったことに苦言を呈した。

 前日、多和田の力投が報われるサヨナラ勝利に沸いた本拠地で、期待の3年目右腕が演じた醜態。辻監督は自戒の念を込めて「申し訳ない。オレが就任して一番しょうもない試合でした。まぁ明日頑張ります」と土曜日の午後に集まった2万4230人のファンにわびた。