阪神が“歴史的な2日”に観戦証明書プレゼント

2019年04月11日 21時13分

“特別な2日”は甲子園にいらっしゃい! 阪神は11日、平成最後の試合となる4月30日の広島戦(甲子園)と、令和最初の日となる5月1日の同戦の入場者に記念となる「観戦証明書」をプレゼントすると発表した。プレーボールの2時間後までに入場した人が対象で、3歳以下の子供も証明書の受け取りには入場券が必要となる。

 ファンにとってうれしい“記念品”となるが、営業部関係者は「平成最後となる30日はウチを含めるとプロ野球は3試合だけ。元号が変わる忙しい中、足を運んでくれるお客さんに何か思い出になるものを届けたいということ。この『証明書』をきっかけにいろんな思いをはせてもらえたらうれしいです」と来場を呼びかけた。