柳田欠くソフトバンク 延長戦の末に日本ハムに黒星

2019年04月11日 10時49分

延長11回、上林(手前)が見逃し三振でゲームセット

 ソフトバンクが11日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)に延長戦の末に2―3で敗れた。

 主砲・柳田悠岐外野手(30)が8日に左ヒザ裏の肉離れで登録抹消。その穴は大きく前日10日の日本ハム戦から4安打、6安打と打線が完全に湿っている。

 スクイズやヒットエンドランなどの積極的な采配を見せた工藤監督は「今いる中でいろいろと作戦を使いながら。選手にも打撃コーチから(作戦面について)伝えてもらっている」。今後も動きながら戦っていくことを明言した。

 首脳陣は試合後2時間近く球場に残って今後について話し合った。柳田の代わりは真砂勇介外野手(24)が昇格していたが、12日に抹消されることが決定。代わって美間優槻内野手(24)が昇格する。