巨人に一体感生む “宮本流”先発投手調整

2019年04月09日 16時30分

宮本投手コーチ

 巨人が9日からナゴヤドームで中日との2連戦に臨む。開幕から9試合を終えた8日現在、チーム防御率はリーグトップ。長いシーズンを乗り切る上で、今後は登板予定のない先発投手を遠征時に帯同させるのか、残留調整させるのかもポイントの一つになってくる。原監督の下でG投を預かる宮本投手総合コーチが示したチーム方針は――。

 広島、阪神、DeNAとの対戦を終え、巨人は6勝3敗で首位に立ち、中日との初対決に向けて8日に名古屋入りした。

 まだ開幕したばかりだが、ここまで吉川尚、坂本勇、丸、岡本の上位打線が原動力となり、チーム打率2割8分8厘と12本塁打はいずれもリーグトップ。ただ、打線は水物で、V奪回には投手陣がいかに安定感を保てるかもカギとなる。G投はおおむね順調なスタートを切り、チーム防御率3・23はリーグ1位。6勝のうち菅野、山口、メルセデス、ヤングマン、ドラフト1位ルーキー・高橋の先発陣5人に勝ち星がついた。

 今後、長いシーズンを戦う上で先発陣の調整に大きな影響を与えるのが、チーム遠征時の練習環境だ。これは時の監督や首脳陣、チーム状況などによって変化し、遠征中に先発しない投手も全員帯同が義務付けられたこともあれば、ジャイアンツ球場での残留練習が認められたケースもある。残留するメリットとしては移動の負担軽減などが挙げられる一方、練習が異なる野手陣とのコミュニケーションがさらに取りづらくなる側面も。常時帯同すれば、体力的な負担は増えるが、チームとしての一体感が見込める。

 かつて選手会長まで務めた内海(現西武)は巨人時代に「僕は絶対に帯同した方がいいと思っていました。遠征に加わった時に、テレビで見て想像していたチームの雰囲気と全然違いましたから」と打ち明けたこともあった。

 では、4年ぶりの原巨人の方針はどうか。開幕カードの広島3連戦では登板予定がなかった山口やメルセデス、高橋もマツダスタジアムで調整を行った。宮本投手総合コーチは、当面の方針について「(遠征先で)3試合あれば、基本的には帯同ですね。チームですから、僕は帯同することは当然だと思います。ただ、2試合だったら(移動を含めた帯同よりも)調整を優先させたい。そんな感じになると思います」と明かした。

 一見すると地味ながら、シーズンをフルに戦う投手陣への負担と影響は計り知れない。G投は“宮本流”で波に乗っていけるか。