柳田左ヒザ裏肉離れで離脱 ソフトB“負の連鎖”乗り切れるか

2019年04月09日 16時30分

左ヒザ裏の肉離れで登録を抹消された柳田

 開幕から6勝2敗1分けと好スタートを切ったソフトバンクに激震だ。柳田悠岐外野手(30)が8日、左ヒザ裏の肉離れで登録を抹消された。全治3週間の見込み。

 ここまで9試合で打率3割5分5厘、4本塁打、14打点、4盗塁。走攻守すべてでチームをけん引してきた。工藤監督は「痛いなんてものではない。誰か一人で柳田君の穴を埋めるのは難しい。みんなでカバーするしかない」と肩を落とした。

 昨季は故障者が続出してシーズン2位に終わった。二の舞いは避けたいところだが、ここまで主力に離脱者が続出している。打線でいえばキーマンともいえる中村晃、グラシアルを欠いている状況。そこに加えての主砲のアクシデントだけに得点力のダウンは避けられそうにない。

 ファームでの、インフルエンザの蔓延も気になるところ。石川、田中、椎野、高橋純、板東と立て続けに発症している。一軍の寮生はホテルに“避難”させる対応を取っているが、一刻も早く連鎖を断ち切りたいところだ。

 この日ヤフオクドームを訪れた柳田は「チームに迷惑をかける。申し訳ない気持ちです。時間を無駄にしないこと。それだけを考えてます」と話した。主砲不在のピンチを乗り切れるか。