西武・外崎が逆転アップルパンチ「いい感じでしたね」

2019年04月07日 19時05分

試合後、記者に囲まれる外崎

 西武は7日、日本ハム戦(東京ドーム)に4―2と今季初の逆転勝ち。散発3安打と完封負け寸前の9回に絶好調男・森の適時打、2試合連発となる外崎の逆転3ランで試合を引っくり返して貯金1とした。

 まさに起死回生のアップルパンチだった。それまで日本ハム先発・有原の前に散発3安打とゼロ行進を続けていた西武打線。しかし0―2の9回、新抑え候補・ハンコックがマウンドに上がると眠れる獅子が目覚めた。

 一死から秋山、山川が出塁して一、二塁とすると、好調な森がしぶとく右前適時打をマークして1点差。さらに一、三塁から前日(6日)今季1号弾を放った意外性の男・外崎がハンコックの投げミス、内角高め直球をジャストミート。左翼3階席に突き刺さる逆転3ランを放ち、試合を決めた。

 ここまで、もうひとつ調子が上がらずにいた外崎は「最低限の仕事をしようと思った。スライダーが2球きて2ボールになったので、コンパクトに強く振ろうと思っていた。いい感じでしたね。(逆転勝ちは)やっぱり勢いがつくと思います」と大仕事にニッコリ。

 辻監督は「外崎はずっと良くなかったよ。昨日、本塁打が出て今日のフリーを見ていたら良かったし、もう大丈夫だなと思っていて。外崎の持ち味が出ていたし、見事でした」と思い切りのいい逆転アップル弾に最敬礼だった。