西武・山川 反撃の4号ソロでファンと「どすこい!」唱和

2019年04月05日 20時21分

7回、4号ソロを放った山川

 西武・山川穂高内野手(27)が5日の日本ハム戦(東京ドーム)で2日のロッテ戦(メットライフ)以来となる4号ソロを放った。

 それまで相手先発・上沢の前に投ゴロ、空振り三振と凡退していた昨年の本塁打王。0—3と3点を追う7回の第3打席でようやく東京ドームに快音を響かせた。カウント1—2から、低め148キロのストレートにコンタクトした打球はバックスクリーンに一直線。反撃ののろしとなる4号ソロとなり、レフトスタンドの西武ファンと「どすこい!」が唱和された。

 山川は「打ったのは真っすぐです。打てて良かったです」と気を引き締めた。