ド派手デビュー巨人・高橋 ドM願望!?

2019年04月05日 16時30分

プロ初勝利のウイニングボールを手に原監督(左)と握手をする高橋

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)が4日の阪神戦(東京ドーム)にプロ初登板初先発し、6回4安打1失点で白星デビューを飾った。同学年の4番・岡本和真内野手(22)のマルチ本塁打など計4本塁打の援護で10―1での圧勝劇。巨人の大卒新人の初先発初白星は59年ぶり、さらに阪神戦での初登板初勝利も巨人史上初でダブル快挙となった。原巨人に5連勝をもたらしたルーキーは、さらなる成長のためバッテリーを組む炭谷銀仁朗捕手(31)に“雄星流スパルタ指導”を希望した。

 ルーキーとは思えない堂々の投球だった。キレのある直球とスライダー、スクリューを駆使し、6回101球4安打5奪三振1失点。攻撃陣も岡本が初回と5回に本塁打を放つなど先発野手全員の15安打4本塁打10得点で初勝利をド派手に演出した。

 お立ち台で背番号12が「22年間育ててくださった両親にプレゼントしたいと思います」とウイニングボールの行き先を明言すると場内は大歓声。チームに5連勝をもたらした“孝行息子”に原監督も「ドキドキはしたんでしょうけど、彼のペースというかね。いいピッチングをしてくれましたね。いいデビューを飾ってくれました」と目を細めた。

 高橋はオープン戦から一貫してバッテリーを組む炭谷に「リードでいいところを引き出してもらった」と感謝。ベテラン捕手は「スクリューにスポットが当たるけど見た目以上に直球が独特。ゴロが多いのも優貴の持ち味」とベタぼめだったが左腕は「もっと厳しくしてほしい」と希望した。

 西武時代、炭谷は7年間バッテリーを組んだ菊池雄星投手(現マリナーズ)を試合後、涙目になるほど厳しく指導。それに応えていくことで菊池は日本球界を代表する左腕にまで成長し、海を渡った。

 高橋も当然、その過程を知っており「自分はまだ新人なので炭谷さんにそこまで厳しくは言われていない。ただ雄星さんのように厳しく言ってもらった方が自分のためになる。言われるのは期待されているからだと思うので。きつく言われたことを素直に認めていきたい。(炭谷は)実績も経験もある方ですし、話を聞いてそれにチャレンジすることはムダなことではないです」と目を輝かせる。

 いわば“雄星流スパルタ指導”を熱望した高橋に、炭谷は「優貴が物足りないって?」と笑うと「雄星にも最初から厳しく言ったわけじゃない。何年も組んでアイツがどこまで言っても大丈夫かをしっかり把握してから。(高橋は)まだ手探りの状態。どこまで許容できるかを見てからですね」とひとまずペンディングとした。

 その一方で「(西武時代の)雄星の初登板(2011年6月12日阪神戦)を思い出した。相手も同じ阪神だったし。それと比べても(高橋は)堂々としていた」と炭谷はマウンド上の姿に感じるものがあったという。登板機会の関係でルーキーは一度、登録を抹消されるが、今後も一軍で結果を出していけば願いがかなう日もそう遠くはなさそうだ。

関連タグ: