阪神 早くも物議呼んだ大山の4番問題

2019年04月04日 16時30分

8回二死一、二塁の好機で三振に倒れた大山

 下馬評通りに早々と沈んでしまうのか。阪神が3日の巨人戦(東京ドーム)に恒例の“貧打病”で3―6と完敗。3連敗で借金生活に突入した。

 相手先発のメルセデスに7回まで零封され、点差が開いてからの8回に近本、糸井の連続適時打で3点を返すのがやっと。正捕手だった梅野が左足指骨折の疑いで試合前から離脱するなど、踏んだり蹴ったりの一日となった。

 矢野燿大監督(50)は「チーム状態としては苦しい状況でどうやって点を取るかをこれから考えていかないと…」と嘆いたが、深刻なのは2度の好機に凡退し、3試合連続無安打の打率1割1分1厘(3日現在)と低迷している4番・大山悠輔内野手(24)だ。「誰がどう見てもそう(悪く)見える部分はある。乗り越えていかないといけない。4番? 明日動かすことはない」と力説した指揮官に、大山は「(負けたのは)大事なところを任せてもらっている自分のせいです。結果が勝敗に直結しているのも分かってます…」と反省の弁ばかり。

 そんな大山だけに、チーム内からは開幕してまだ5試合しか消化していないのに「やはり与えられた4番では本当のたくましさは生まれない。巨人の岡本のように深刻に考えないタイプだったら良かったが、あれこれと考え込む今の大山の性格では重責ある4番は難しい」(球団関係者)と指摘する声が上がったほど。

 他にも「現時点で調子のいい糸井を4番に置いたらいい」「(右ふくらはぎ痛で)二軍で調整している(新外国人選手の)マルテが早く万全な状態になって戻ってきてくれたら…。ウチは右打者が少ないから」とこの調子だ。

 早くも物議を呼んだ大山の4番問題だが、これも期待の裏返し。何とかしたいところだが…。