西武・中村が2安打4打点 今年も下位打線でしっかり仕事

2019年04月03日 22時00分

 西武の“恐怖の8番”中村剛也内野手(35)が3日、ロッテ戦(メットライフ)で4打数2安打4打点と活躍し、9―3の勝利に貢献した。

 開幕から5戦連続で「8番・三塁」で先発出場した中村。初回二死満塁の場面は三ゴロに倒れたが、5―3の5回二死満塁の第3打席ではキッチリと結果を出した。

 ロッテ2番手・酒居の内角低め141キロ直球を引きつけて逆方向へ。打球は低い弾道で右中間を切り裂き、走者一掃のタイムリー二塁打となった。7回の第4打席でも左中間へタイムリーを放った。

 中村は「(5回は)2点差だったので、何があるか分からない。いいところで打てました。追い込まれてましたし、そんな強引にいこうとは思っていなかったので、いいバッティングでした」と試合のポイントになった場面に言及。

 打順に関しては「やることは何番でも変わらない。僕自身、変われるほど起用じゃない。みんないいバッターですから、8番でもチャンスが回ってくる」と昨年も経験し、実績を残している“下位の4番”に対するスタンスを語った。

 開幕から5試合中、4試合で安打をマーク。代名詞のホームランはまだ1本だが、8番という位置から頼もしく表の4番・山川を後方支援している。