木梨憲武が巨人戦始球式「調整ミス」も見事にノーバウンド投球

2019年04月03日 20時27分

原辰徳監督(右)と握手する木梨憲武

 スポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」アンバサダーで、同社CMにも出演するお笑いコンビ「とんねるず」木梨憲武(57)が3日、巨人―阪神戦(東京ドーム)で始球式を務めた。

 全身黒の「DAZN」カラーの衣装でマウンドに上がり、ノーバウンド投球を披露。「ブルペンの投球練習で25球くらい投げましたが、調整ミスでした。投球練習では菅野選手に初めて会えたことがうれしくて、舞い上がって投げすぎてしまったし、関係ないバッティングまでしてしまいました。原監督には『久しぶり! ごぶさたしてます!』と声をかけさせていただきました」と始球式を振り返った。

「DAZN」は今季、巨人のオフィシャルスポンサーになっており、原監督も同社アンバサダーに就任。試合前には木梨と交流する場面もあった。