広島・長野が移籍後初安打“12球団打ち”達成

2019年03月31日 16時04分

7回、移籍後初安打を放った長野

 広島・長野久義外野手(34)が、31日の巨人戦(マツダスタジアム)の7回守備から「9番・左翼」で移籍後初出場。2―3の7回裏、先頭の初打席で吉川光から初安打となる中前打を放った。超満員の球場はこの日最大の大歓声に沸いたが、続く田中広が痛恨の犠打失敗。捕併殺で好機はしぼんだ。長野は巨人時代からの9年間で11球団から安打を放っており、古巣からの一打で全球団安打を達成した。