阪神・糸井が決勝1号ソロ リクエストに「ドキドキした」

2019年03月30日 20時35分

 阪神は30日のヤクルト戦(京セラドーム)に1―0で競り勝ち、開幕2連勝。幸先よくカード勝ち越しを決めた。

 先発・岩貞が6回1/3を1安打無失点の快投を披露。その後は桑原、ジョンソン、ドリスが無安打のリレーで、初回に挙げた虎の子の1点を守り抜いた。

 唯一の得点を叩き出したのは糸井のバットだ。初回、ヤクルト先発・石川の初球カーブを力強く振り抜くと、高々と上がった打球は右翼ポールの上を通過し5階席へ着弾。ヤクルト・小川監督から「ファウルではないか」とリクエスト要求があったが、判定は覆らなかった。

「タイミングが合ったら、初球からどんどんスイングしていこうと思っていた」と語った糸井は、リクエストに「ドキドキしました」とおどけてみせた。打のヒーローとしてお立ち台にも上がり「優勝目指して頑張っていく。大きな声援は力になります」と虎党に感謝した。