開幕戦を広島に0-5黒星スタート 原巨人“遺恨”晴らせず

2019年03月30日 13時00分

8回の好機に見逃し三振に倒れた丸

 プロ野球が29日、開幕。原辰徳監督(60)が復帰した巨人はマツダスタジアムで広島との開幕戦に臨んだが、0―5で敗れて第3次原政権は黒星スタートとなった。カープからFA移籍した注目の丸佳浩外野手(29)は、まさかの4打席連続三振。球団にとっては広島・緒方孝市監督(50)の発言を巡る“遺恨マッチ”でもあったのだが…。

 今年も赤い渦にのみ込まれてしまうのか。打線は相手エースの大瀬良を打ちあぐね、8回まで11三振を喫し、一度も本塁を踏めないまま完敗した。

 試合後の原監督は穏やかな表情ながら「打線が0点ではいけませんねぇ」。なかでもこの日、ブレーキとなったのは期待の新戦力の丸だった。巨人での初陣でまさかの4三振に終わり「結果が出なかったので悔しいですけど、切り替えてまた明日から。(大瀬良は)いい球を投げていた。次はしっかりと自分のなかで考えをまとめて対戦できれば」と前を向いた。

 5度目の開幕投手を務めたエースの菅野は無援護に泣き、7回102球4安打1失点と好投しながら、8回に代打・阿部を送られ、そのまま負け投手に。背番号18は「結果、ぼくが点を取られなければ負けなかったんで」と反省したが、これまで何度こうしたシーンを見せられてきたことか。

 消化したのはまだ1試合。とはいえ、王者相手に迎える開幕戦にはさまざまな思いが交錯していた。ここまで原監督は「挑戦者」と位置づけながら強気な姿勢を貫いてきた。「(広島が)強かったというイメージはまったくなかった」とも言い放ち、開幕前に1~5番までの攻撃陣を明らかにし、広島3連戦を含む5戦目までの先発投手まで明言。手の内を隠すどころか大胆なまでに披露し、まさに“横綱相撲”で真っ向勝負を挑んだ。

 加えて、この日の一戦は“遺恨マッチ”の様相も呈していた。発端は丸のFA加入に伴い、人的補償で長野の広島移籍が決まった際の緒方監督の発言にあった。

 そのなかで巨人側から届いた28人のプロテクトリストの中身に触れ「若い選手はほとんどプロテクトされていたが、長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた。そこ(ベテラン勢)に絞るか、若いがプロテクトから外れた選手にするかと(球団側と)話をしていた」とコメントした。

 これに対して、巨人サイドは敏感に反応。フロントの一人は「緒方監督に悪気があったとは思わないけど」と前置きした上で「あの発言は“反則”でしょう。あれでは多くのベテランが漏れていたとバラしているようなもの。実際に『俺も漏れていたんじゃないのか…』と疑心暗鬼になる選手もいましたから。(人的補償で)選手を取られることはルールで仕方ないことだけど、他の選手にまで不安を与えるのは行き過ぎでしょう」と語気を強めていた。

 だからこそ「まずは絶対に開幕戦に勝って3連勝して見返すしかない」と息巻いていたが…。この日はあえなく玉砕。もちろん、シーズンは始まったばかりで原監督も「明日また切り替えて」と締めくくった。広島を見返すのはこれからだ。