【2019ペナント予想】宇野勝氏「若手が伸びている阪神優勝と見た」

2019年03月28日 10時54分

宇野勝氏

【2019ペナント予想=宇野勝(本紙評論家)】セ1位は阪神と見た。下馬評は低いが、投手陣は青柳、小野、才木、高橋遥といった若手が伸びている。抑えのドリスは昨年以上にやりそうだし、中継ぎ陣にも安定感がある。野手陣も若手とベテランがうまく融合して乗っていきそうだ。これまた下位予想が多い中日もAクラス入りのチャンスはある。昨年未勝利の大野雄、新外国人ロメロ、柳らが今年は力を発揮しそう。オープン戦で苦戦を強いられた打線もビシエド、平田、大島、高橋らの地力は侮れない。与田新監督を経験豊富な伊東ヘッドコーチがサポートできるのも心強い。

 3連覇中の広島は丸の抜けた穴が大きい。大黒柱が不在となり、負けだしたらズルズルと後退しかねない。パは金子やドラフト1位・吉田輝が入団した日本ハムに勢いがあり、打倒ソフトバンクの1番手に推す。

関連タグ: