【2019ペナント予想】遠藤一彦氏「丸が抜けた危機感で広島結束」

2019年03月28日 10時53分

遠藤一彦氏

【2019ペナント予想=遠藤一彦(本紙評論家)】リーグ4連覇を目指す広島の鍵は丸の抜けた穴をどう埋めるかだが、代わりになりそうな若手も出てきている。逆に丸が抜けた危機感でチームの結束力が高まるかもしれない。今年もセは広島中心だろう。巨人は原監督の手腕にかかっている。丸の加入は確かに大きいが、亀井、陽岱鋼、外国人など実力者揃いの外野の選手起用は難しい。負けが続けばチームがギクシャクしてくる恐れもある。強力打線を擁するDeNAは先発の東、石田が故障で開幕アウトになったのが痛い。ヤクルトとは総合力で互角だろうが、心情的にDeNAを3位とした。

 パは選手層の厚さからソフトバンクだろうが、楽天に注目している。エース則本昂の離脱は痛いが、岸が安定していて、その他の投手も粒揃い。浅村の加入で打線も強化された楽天が台風の目になりそうだ。