西武ドラ1松本航「軽い肺炎」で開幕ローテから外れる

2019年03月24日 12時34分

松本航

 西武のドラフト1位・松本航投手(22=日体大)が開幕ローテーションから外れることが24日、明らかになった。

 この日のDeNAとのオープン戦(メットライフ)に先発予定だった松本は、前日(23日)に所沢市内の病院で検査を受け「軽い肺炎」と診断された。17日の阪神戦(甲子園)に先発したが、その日のうちに帰京。熱が一時40度まで上がるなど、疲労による風邪で静養していた。22日に練習に復帰したが、完治していなかったようだ。

 これを受けて現場は開幕ローテーションから期待のドラ1を外すことを決断。小野和義投手コーチ(53)は「復帰は5月かな。いかんせん、日程が4月は楽なので、2回目のキャンプを1か月やって、5月からしっかりできる形をつくってくれればいいし、万全を期してくれればいい」とコメント。その穴埋めは「ファームの調子のいいやつを持ってくればいい」と内海、榎田に続くローテーション投手の離脱にどこか達観したような口ぶりだった。

関連タグ: