広島・長野 死球で苦悶の表情

2019年03月15日 12時00分

右ふくらはぎに死球を受けた長野

 広島・長野が痛いアクシデントに見舞われた。14日のオリックス戦(大阪シティ信金)の7回に代打で途中出場し、2打席目となった9回二死三塁の場面で山崎福の直球が内角へ大きく外れ、右ふくらはぎを直撃。苦悶の表情で足を引きずりながら一塁まで歩いたが、代走・上本を送られてベンチへ退いた。試合後は患部をアイシングしながら無言でバスへ。緒方監督は「当たったところが悪かった。ちょっと心配だね…」と話し、高ヘッドコーチは「(状態は)明日になってみないと分からない」と話すにとどめた。広島に戻って検査を受けるとみられる。