大乱調 巨人スガスミコンビの行方

2019年03月09日 16時30分

炎上した菅野(右)に声をかける炭谷

 巨人・菅野智之投手(29)が8日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に先発し、4回9安打、6失点の大乱調となった。

 制球に苦しんだこの日は3回に4連打で3点を失い、4回には四球絡みから3ランを被弾。試合も1―7で敗れ、開幕投手の大役を務める右腕は「オープン戦とはいえ、自分がここまで打たれるというのはチームにとって良くないことですし、反省しかないのでしっかり次の結果で示せるように」と厳しい表情を浮かべた。

 この日の先発マスクをかぶったのはFA加入した炭谷。コンビを組むのは2度目で、菅野は試合前も試合中も意思疎通を図れたことを強調した上で「僕が投げきれていないので、リードとか以前の投手の問題」と責任を背負い込んだ。

 原監督は「まあ、2人の防御率(2試合で10・50)はあまり良くないね。確かにね。しかし、本人たちがまたしっかりコミュニケーションしながら」と語るにとどめたが、打たれるよりは抑えた方が心証もいいのは明白だ。

 そもそも炭谷を獲得した経緯は、指揮官が小林らの捕手陣でV奪回は厳しいと判断したから。そのため、正捕手争いでは炭谷が一歩リードしている格好だ。それを念頭に、首脳陣も試合のなかでG投手陣を把握してもらうべく炭谷を優先的に起用している。

 もちろん菅野―炭谷バッテリーはスタートしたばかり。今後は状況を見極めていくことになるが、菅野と安定したコンビを組んできた小林は2日のヤクルト戦(東京ドーム)は3回をパーフェクトリード。このままズルズルいくようだと“スガコバ復活”の機運も出てきそうだ。

関連タグ: