巨人移籍の丸を歓迎ムードで迎えたカープファンに“王者の風格”

2019年03月06日 16時30分

拍手で迎えられた丸

 開幕カードでもある広島―巨人戦が5日、マツダスタジアムで行われ、平日のオープン戦としては大盛況と言える2万2572人が詰め掛けた。FAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)には本人も想定外の歓迎ムードで迎えられた。

 巨人の一員として初めて“元本拠地”に踏み入れた丸は、球場に到着するなり、開門前のグラウンドに飛び出し練習中の緒方監督や鈴木、菊池涼らに次々とあいさつ。

 その後、開場となり、多くのコイ党が三塁ベンチ付近にも集結した。一時は猛烈なバッシングを浴びせていた一部のファンたちが「巨人・丸」にどう反応するか心配されたが、丸のティー打撃中も広島ファンは拍手や声援を送り、ダッグアウトに下がる際もブーイングは一切なし。これには丸も「意外ですね。『頑張れ』とか言ってくれてありがたいです」と胸をなで下ろした。

 選手の一人は「今はこうでも、いざ試合が始まったら分かりませんよ」と疑心暗鬼になっていたが、迎えた丸の第1打席では、スタンドから「お帰り~」などの声が飛び交うなど大歓声。最後まで目立ったヤジもなく、身構えていた巨人サイドは肩透かしを食らった格好だ。2打数無安打2三振1四球に終わった丸は「打席に入る前から守備に就いている間も、声援をいただいて本当にありがたかったですね。予想外というか、あまり想像していなかったので、温かく出迎えてくださったので本当に感謝したいです」と最敬礼だった。

 過去にはFAで阪神に移籍した新井貴浩(現評論家)が旧広島市民球場ですさまじいブーイングを受けたこともあった。だが、丸の場合は一転して大歓迎。この違いは何なのか。

 古参の広島OBは「今のカープファンは昔とは違う。何しろ3連覇しとるし、ファンにも余裕ができたということ。昔だったら、負ければ『何しとるんじゃ!!』と厳しい言葉も浴びせられたが…。もう時代は変わったんじゃ」とファンにも“王者の風格”が備わったと分析した。

 試合は巨人先発の山口が2被弾を許して5回4失点。開幕戦を占う敵地初戦は1―4で押し切られた。「(昔の広島が)強かったというイメージはまったくなかった」と語っていた原監督も「少ないチャンスをモノにする。我々は挑戦者。壁はかなり高いなという感じですね。スタートとしてね」とカープの底力を肌で感じ取った様子だ。

 グラウンド内外で王者の貫禄を見せつけられた原巨人。ここから逆襲といきたいところだが…。