ソフトバンク武田がまたも西武戦で炎上 工藤監督は修正に期待

2019年03月05日 22時39分

3回に西武・栗山(右)に3ランを浴びたソフトバンク・武田

 ソフトバンクの武田翔太投手(25)が5日、西武戦(ヤフオクドーム)に先発して3回8安打6失点。またしても獅子打線につかまった。

 前回登板の2月27日の練習試合でも、西武を相手に3回途中9安打2四球5失点でKOされていた。「もっと内角、外角にも投げて打者を崩していく必要がある。悔しさしかないですけど、それも自分の力にしたい」

 工藤監督は「一つのきっかけで変わってくることもある。これで終わりというわけではない」。東浜、バンデンハークが出遅れている状況とあって、開幕ローテ入りへ次回登板での修正に期待した。