チケット抽選券めぐり暴動寸前 天井知らずのカープ人気に選手も複雑

2019年02月26日 16時30分

 フィーバーが大騒動に発展だ。プロ野球・広島は25日、今季の公式戦チケットの購入に必要な抽選券をマツダスタジアムで配布したが、2万人の球団想定を大幅に上回る5万人以上が殺到。球場周辺は一時パニック状態となった。

 球団側は当初、「午前11時までの来場者全員に抽選券を配布する」と案内していたが、午前10時前には人が球場敷地内に入り切らない状態となった。そのため球団は1時間以上繰り上げて抽選券配布を開始したが、午前11時の時点で行列は東西方向へ最大1キロ以上に延び、JR広島駅にまで到達。警察や駅員、地元住民らが対応に追われた。

 事態を受け、危険と判断した球団は抽選券配布を途中で打ち切りに。そのため午前11時前に並んだにもかかわらず抽選券を手にできない人が1万人以上出た。球団関係者が謝罪するも、集まった人からは「話が違う」と怒りの声が上がり、渋滞発生などの影響を受けた近隣住民らからも騒動に対する抗議が相次いだ。

 近年、人気が高い広島のチケット販売を巡っては、昨年まで球場周辺に“テント村”が出現するなど、転売も含めて地元では社会問題化していた。そのため今年は「先着順」から「抽選式」に変更し、一度に購入できる試合数も5試合までに制限するなどの手を打ったが、新たな騒動を招いてしまった。

 本拠地の大騒動は、遠く沖縄のキャンプ地にも到達。選手は「丸さんが抜けても、まだそれだけ応援してくれるファンがいるんだとも思えるけれど、単純には喜べない状況ですね」と複雑な表情を浮かべた。また球団スタッフは「間違いなく長野効果もあるでしょう」と指摘。「それでも5万人以上とは…」と驚きを隠せなかった。

 新加入した長野のユニホームやグッズ人気はズバぬけており、本拠地やキャンプ地では売り切れが続出。開幕が地元での巨人戦ということもフィーバーに拍車をかけている。ただでさえ黄金時代のチームに新たなスターが加わり、カープ人気はストップ高。ただ、暴動寸前の事態はいただけない。来年以降のチケット販売方法に関しては大きく改善の余地がありそうだ。