阪神・藤浪の“顔”にライバル球団戦々恐々

2019年02月25日 14時00分

4回、木下に死球を与えた後、不敵に笑う藤浪(左)

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が24日の中日戦(北谷)に先発したが、4回4安打6四死球3失点と乱調に終わった。右打者への死球など制球に苦しみ、課題克服とはいかなかった右腕は「もうちょっと安定したい。ボール自体が悪いということはないと思うが、テンポよくストライクで先行で投げられるようにしたい」と反省の弁を口にした。

 このキャンプでは一日で約300球を投げ込むなど復活に向けて必死だが、まだ目に見える進境がない状況。それでも矢野監督は「今すぐ結果が出るのは一番いいことだが、成長していけばいい。後退しているわけではない」とかばった。

 そんななかライバル球団はなぜか藤浪の“顔”に戦々恐々だ。「四球を出したり暴投になったりしても焦った様子がない。むしろ楽しんで投球している感じがする。去年まではピンチになったりすると顔が険しくなって動揺していたが、今はまったくそんな表情がない。投球内容に手応えがあるのか。それともあえて余裕があるふりをしているのか…」(あるセ・リーグ関係者)。昨年までとは一転したポーカーフェースぶりに他球団007たちは真意を計りかねて困惑しているのだ。

 先発ローテ入りを狙う藤浪だが、次こそは満点回答で会心の笑顔といきたいところだ。