大下剛史氏 中日・根尾を一発で気に入った! なるほどこの頭の良さは内野向きだ

2019年02月23日 16時30分

大下氏(右)と話す根尾

【大下剛史・キャンプ点検】期待のルーキーを一目見ようと、中日の二軍がキャンプを行う沖縄・読谷村まで足を延ばしてみた。お目当ては昨年のドラフトで4球団が1位指名で競合した根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)だ。

 球団広報に呼ばれてトレーニング室から出てきた瞬間は驚いた様子だったが「ワレが根尾か」と声をかけると「はい、よろしくお願いします」。元気のいい返事に、利発そうな顔立ち。そして何よりいい目をしている。一発で気に入った。

 内野手、特に二遊間を守る選手には体力や技術ばかりでなく、何事にも臨機応変に対応する頭脳が求められる。根尾が野球だけでなく勉強でもトップクラスだったことは新聞報道などで知っていたが、実際に対面してみて合点がいった。なるほど内野手向きだ。

 自主トレ中に右ふくらはぎを故障し、今キャンプは二軍での調整が続いている。大阪桐蔭で苦楽をともにしたロッテの藤原、同じ内野手である広島の小園といった同期が一軍キャンプで注目を集めており、焦る気持ちがあるかもしれない。しかし、ものは考えようだ。

 じっくりと一から体づくりをできたことは絶対にプラスだし、現役時代に豊富な練習量で一流打者となった小笠原二軍監督のもとでプロの心得を学ぶいい機会にもなったはず。近い将来、ドラゴンズの中心選手として羽ばたくために必要な試練だったと思えばいい。

 かつて「ミスタードラゴンズ」と呼ばれたOBの高木守道さんと同じ岐阜県出身という点にも、何か運命的なものを感じる。どれだけ成長するか今から楽しみだ。