長野3・2西武戦で内海との対戦が浮上も地元凱旋に気乗りしないワケ

2019年02月23日 14時00分

長野久義

 広島のニュースターの“地元凱旋”は――。3月2日に佐賀で行われる西武とのオープン戦で、長野久義外野手(34)と内海哲也投手(36)の“元G戦士対決”が実現する可能性が浮上した。

「内海が佐賀で先発するらしい」。練習日の沖縄キャンプは西武サイドからの一報に色めき立った。佐賀といえば緒方(鳥栖市出身)、辻(小城市出身)両監督の地元。加えて同じ佐賀出身の長野(基山町出身)が盟友の内海と対戦するとなれば、単なるオープン戦の枠を超えた一戦となる。

 この日の長野は全体練習に加わり、午後は外野特守にも志願参加した。ただ「焦らせないようにこっちが抑えている」(広瀬外野守備走塁コーチ)と全力スローイングはセーブしている段階。それでも実戦には指名打者で出場し続ける見込みで、佐賀での西武戦についても高ヘッドが「体調が良ければ、地元だからね」としたことから、対戦実現の可能性はある。

 ただ長野自身のテンションは心なしか低め。昨秋の契約更改の席では、先に西武移籍が決まった内海が「長野や坂本と対戦したい」と話したことを伝えられると「交流戦や日本シリーズで当たる機会があればコテンパンに打ちたいと思います」と応じていた。だが、この日は「出られたら頑張ります」と短いコメントを残したのみだった。

 内海との対戦は楽しみなはず。となれば、長野が気乗りしない理由はこれしかない。関係者は「おそらく“地元凱旋”をネタにされたくないのでしょう。プロ入り前から“福岡出身”を自称してきた人ですから。佐賀のご当地選手扱いは勘弁して、ということなのでは」と心中を推察した。

 ちなみに最近は“福岡出身”ですらなく、周囲には「首都圏生活が一番長いから、もう東京出身」との新解釈も披露している。宮崎・日南のキャンプ地入りした先月31日も、チーム全員を前に「東京都港区から来ました」とあいさつし、同郷の緒方監督をあぜんとさせた。

 がぜん注目度急上昇の3・2佐賀LC戦。盟友左腕を相手に長野の“がばいすごか”活躍を期待したいところだが…。