阪神が練習試合で広島に完勝 矢野監督「手応え感じる」

2019年02月21日 18時15分

無失点に抑えベンチに戻るジョンソン(左)

 阪神は21日、沖縄・宜野座キャンプでセ・リーグ3連覇の広島と練習試合を行い5―0で完勝した。

 田中、菊池ら主軸を揃えた広島打線に先発した左腕・岩貞祐太(27)が2回無失点。中継ぎエースとして期待される新戦力のピアース・ジョンソン(27)も初実戦で1回無失点と奮起。打っては売り出し中のドラフト3位・木浪聖也内野手(24=ホンダ)が右翼への先制2点適時打など2安打をマークすれば、プロ5年目の江越大賀外野手(25)も右中間越え本塁打を決めるなど活躍した。

 今季から指揮を執る矢野燿大監督(50)にとっても昨年覇者の広島を相手にうれしい“初白星”。「やるべきことを選手がやってくれた。いいプレーがその場その場であったし、手応えを感じる試合となった。いくら練習試合とはいえ、勝った方がいい」と最後まで笑顔だった。

関連タグ: