広島・大瀬良 丸に宣戦布告「しっかり抑えてやりたい」

2019年02月15日 16時30分

“丸斬り”に闘志を燃やしている大瀬良

 昨季最多勝、最高勝率のリーグ2冠に輝いた広島・大瀬良大地投手(27)。自身初となる開幕投手を目指し、新フォームにも取り組んでいる赤ヘルのエースが本紙に今季にかける思いを激白した。さらに新加入の長野久義外野手(34)について「大きな存在」と目を輝かせ、逆に巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)に対してはキッパリと“宣戦布告”。セ王者の頼れる右腕の胸中に迫った。

 ――今季は初の開幕投手が有力視されている

 大瀬良 目標にしている一つでもありますし、何とか選んでもらえるように頑張りたいです。ただうちは競争なので、しっかりとこれからの実戦に入っていってからもいいアピールをしてつかみ取らないといけないと思っています。

 ――今オフからセットポジションでのフォーム改造に着手している

 大瀬良 はい、ちょっと(腕を)下ろしています。重心がおヘソに入るような感じで。セットになると球威も落ちていたので、これは変えないとまずいなと思っていたんです。実は昨季のシーズン中に気づいていたんですけど、シーズン中に変えるのはかなりの勇気とリスクも出る可能性があったので、それで今取り組んでいます。

 ――習得は順調か

 大瀬良 いいものも悪いものも今は出ています。ただ、それはキャンプならではだと思っているので、課題をこれから詰めてやっていかなきゃいけない。現状ではこんなもんかなと。開幕までにしっかり形にしなきゃいけないと思っています。

 ――今季の目標は

 大瀬良 個人的には200イニングを目標に掲げたいと思っています。チームとしてはリーグ4連覇と日本一。やっぱり3連覇させてもらっていますけど、日本一になれていないですしね。その悔しさをみんな持っているので、何とか日本一にたどり着きたいなと思っています。

 ――巨人から長野が加入した

 大瀬良 そうですね! やっぱりジャイアンツ時代に対戦していた時の話も、ジャイアンツのこともこれから聞いてみたいと思っています。身内だけじゃなくて外からの目線でいろいろな話を聞けたりもしますからね。そういった意味ではたくさんの情報を教えてもらいたいです。長野さんも「何でも教えるから!」と言ってくれていますので。とにかく、いろいろ聞いてみたいですね。

 ――すでに長野と会話は…

 大瀬良 はい、今はまだ、ちょこちょこですね。もちろんすごく優しい方なので、いろいろ話しかけていただいています。

 ――大きな存在か

 大瀬良 いやあ、もちろんです! いろんな意味でですね。プライベートでもたくさんお話を聞きたいですし、もちろんグラウンドでも頼りにしたいと思っていますんで! 一緒になって戦っていきたいです。

 ――逆に今度は丸が敵になったが

 大瀬良 ハハハ…。はい。味方だと心強いですけど、敵になるとすごく手ごわい選手になると思います。まあ、でも、だからといって僕たちも負けるつもりはないですよ! しっかりとグラウンドで戦うのを楽しみにしながらですね。しっかり抑えてやりたいと思います。

 ――開幕投手として、いきなり対戦することになるかもしれない

 大瀬良 もしそういうことになればですね。何とか打ち取って、マツダスタジアムなんで沸かせられたらいいなと思います! とにかく頑張ります。