間違いなく練習の量と質はヤクルトのキャンプが一番

2019年02月09日 16時30分

ゴルフスイングで打撃練習をする村上

【快打一閃 得津高宏】ヤクルトの浦添キャンプを見て驚いた。沖縄ではロッテ、中日、DeNA、阪神のキャンプを見たが、間違いなく練習の量と質はここが一番。練習はウソをつかない。昨季のリーグ2位は決してフロックなどではなく、チームとして着実に力をつけていると感じた。

 朝の8時から夜の8時まで。約1時間のティー打撃では重たいソフトボールを打ったり、鉛の入ったベストを着用したりと、様々な工夫が凝らされている。選手は口々に「寝るのが一番の楽しみです」。この猛練習で鍛え上げられた若手がどんどん出てくれば、チームも安定していい成績が残せるだろう。

 その若手の中でも、小川監督が期待を寄せているのが高卒2年目の村上宗隆内野手(19)だ。村上の話題になると「あいつがサードに定着してくれればうれしいんだけど…」と目を細めていた。三塁守備に関しては宮本ヘッドが徹底的に指導。まあ、守備は宮本に任せていれば心配はない。打撃練習では力強いスイングで、ほれぼれするような打球を飛ばす。タイプ的に筒香(DeNA)のような打者になれそうだし、ひょっとすると同時期の筒香よりも村上のほうが上かもしれない。

 戦力的には広島、巨人に見劣りするかもしれないが…。補強で戦力アップできなかった部分を若手の成長でカバーできれば、今季も優勝争いすることは十分可能だと見ている。 (本紙評論家)