広島・長野と西武・内海が即席の爆笑会見「めっちゃレアですよ」

2019年02月08日 14時45分

がっちり握手した内海(左)と長野

 広島のキャンプ休日となった8日、長野久義外野手(34)が西武・南郷キャンプを電撃訪問した。目的は同じ巨人から人的補償でライオンズに移籍した内海哲也投手(36)のブルペンを視察するため。約30分間、内海の103球の熱投を見守った長野はブルペン終了後、即席の囲み会見を開き、息の合った掛け合いトークを展開した。

 内海:うれしいな〜!(長野の体をべたべた触り)接しやすい!

 長野:(ユニホーム姿に)めっちゃ似合いますよ。これビジターですか?

 内海:(取り囲む報道陣、ファンを見渡し)何すかこの感じ?(笑い)

 ——予定はあったのか

 内海:サプライズ、サプライズですよ。びっくりしました。

 ——ブルペンを見て

 長野:打てそうだと思いました(笑い)。

 内海:言うと思った。でもリーグ違うし、いいか(笑い)。

 ——西武のユニホーム姿を見て

 長野:似合いますね。27番は見慣れないけど、すごく似合うと思う。

 内海:逆にオレも(広島に)見に行かないといかんやろ。

 長野:明日休みでしょ?

 内海:明日、ゴルフだ。ファンとして見に行こう。
 ——ブルペンを見守られて

 内海:なんかうれしいっす。燃えましたね。

 長野:とにかく打てそうでした。

 ——失投もありました

 内海:ちょっと引っかかりましたね。意識はちょっとだけ。

 ——長野選手からちゃちゃを入れられた

 内海:いつも通り。ジャイアンツのときから。

 長野:あまり邪魔するのもどうかなと思いまして。

 内海:もっと激しく邪魔してほしかったわ。

 ——ブルペンで103球投げた

 内海:まあまあです。体が疲れてきているので、予定より少なくしたけど、順調です。

 長野:2人で囲み(取材)とかないですよね。めっちゃレアですよ。