巨人・炭谷 タクシー40キロ飛ばし古巣の飲み会にサプライズ出席

2019年02月06日 16時30分

古巣を訪れていた炭谷

 西武キャンプ第1クール最終日だった3日夜、宮崎・日南市内の居酒屋で行われた投手陣の懇親会に巨人・炭谷銀仁朗捕手(31)がスペシャルゲストとして緊急参戦していたことが分かった。キャンプ最初の休日前夜に開かれた投手会の宴は炭谷のFA移籍に伴う人的補償で巨人から加入した内海哲也(36)、新外国人ザック・ニール(30)を歓迎することがメインイベントでヒース、郭俊麟ら外国人も参加。広島・長野も途中であいさつに顔を出すなど大いに盛り上がり、酒席のムードを最高潮にしたのが、昨年までのチームメートである炭谷のサプライズ登場だった。

 炭谷は当日の練習終了後に、宮崎市内にある巨人の宿舎からタクシーを飛ばして約40キロ離れた西武がキャンプを張る日南市内へ。もともとの目的は以前から決まっていた栗山との食事の約束を果たすためだったが、タイミング良く日南市内で投手会が開かれていることをキャッチし、顔を出して近況報告。グラスを手に乾杯にも参加し、自らのFA移籍の代償として西武に移籍した内海を激励したという。

「移籍しても西武のニュースはいつも気にかけている」という炭谷にとっては、どこかで切っておかなければいけない仁義でもあったようだ。