王会長 ムネリンとの再会を笑顔で報告「だいぶ元気になっていた」

2019年01月25日 21時42分

王会長

 ソフトバンクの王貞治球団会長(78)が25日、ヤフオクドームでムネリンこと川崎宗則氏(37)と顔を合わせて、その元気な姿に大喜びをした。

 1時間以上、話し込んだとのことで「会いましたよ。だいぶ元気になってね」とニッコリ。「いろいろなことをやりたいと言っていた。あれだけ元気な姿を見せてくれたら、次に何かいろいろなチャレンジをすることができるだろうし。良かったよ」と笑顔で明かした。

 川崎氏は2017年に米球界から復帰。しかし、昨年の開幕前に自律神経の病気により退団した。昨年末にもヤフオクドームにあいさつに訪れたが、その時は王会長が不在だった。球団フロントは「すっかり元気になっていた。心技体ともに充実していることを報告したかったようだ」と話した。

 現在は回復しており、本格的に体を動かし始めている。昨年末そして年始と尊敬するマリナーズ・イチロー外野手と神戸で自主トレも行っている。退団時は引退ではなく自由契約で、ファンの間には現役復帰待望論も尽きない。その元気な姿が見られる日も近いかもしれない。