ソフトバンク東浜 自ら掲げたエース襲名の条件

2019年01月13日 16時30分

シーサーをデザインしたグラブを披露する東浜

 ソフトバンクの東浜巨投手(28)が「エース」襲名を誓った。12日、沖縄・うるま市で自主トレを公開した右腕は、今季の目標に「投球回180イニング以上」と「2桁完投」を掲げ、開幕投手に強い意欲を示した。

 故郷の青空の下、ランニング、ノックなど約3時間たっぷりと汗を流した。昨季はハイペース調整が裏目に出て、7勝に終わった2017年の最多勝右腕は「今年はスローペースで抑えながらやっていく」と、シーズン開幕の3月後半から逆算したマイペース調整を貫く方針だ。

 大きな目標も掲げた。「今年は自分が先頭でやっていかないといけない。180イニングはいきたいし、完投も2桁はいきたい」。プロ通算5完投の右腕にとって、とりわけ2桁完投は高いハードルだ。NPBで直近5年の2桁完投は昨季の菅野(巨人)のみで、球団ではダイエー時代の1994年の吉田豊彦(11完投)が最後。高い目標をクリアし、信頼をつかみ取るつもりだ。

 エースは結果や実績だけでは務まらないことも理解している。東浜にはリーダーの気質がある。名門・亜細亜大学硬式野球部時代、史上初の「投手出身主将」に指名され、いまだに2人目はいない。この極めて異例の肩書だけでも、その素質が伝わる。

「学生時代から“見られている意識”を大事にしてきた。それを(大学の)監督や先輩方が評価していただいて主将になったと思う。エースというのも同じだと思います」。練習や普段の生活態度、言動や戦う姿勢など自分を律して野球に向き合うつもりだ。

 チームは昨季、規定投球回に到達した投手が一人もおらず、長らく「エース」不在が続いている。「自分が引き継いでいきたい」と誓った東浜。新たなエース誕生が望まれる中、覚悟を持って新シーズンに挑む。