ソフトバンク柳田「これでいいんですか?」日本人球団史上最高5億7000万円でサイン

2018年12月21日 13時27分

来季の目標「MVP」を色紙にしたためポーズを決める柳田

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(30)が21日、ヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、日本人球団史上最高となる5億7000万円プラス出来高でサインした。

 変動制の3年契約2年目となる来季は、今季の5億円から7000万円のベースアップをゲット。球団から「申し分ない成績だった」と評価を受けた柳田は「これでいいんですか?」と応じたという。

 今季は打率3割5分2厘で首位打者を獲得。36本塁打、102打点はいずれもキャリアハイだった。

 選手会長と4番を担い、自身初の3割30本塁打100打点をクリアしながらも「もっと数字は出る」とさらなる飛躍を誓った。

 来季は「優勝して、その中で抜群の成績を残してMVPを取りたい」と今から鼻息が荒かった。(金額は推定)