プライスレスな魅力も… 広島のFA選手への接し方

2018年12月18日 16時30分

契約更改を終えた野村

 このチームにはブレがない。今季、球団初のリーグ3連覇を達成した広島のことだ。

 今オフは2年連続リーグMVPの丸佳浩外野手(29)が国内FA権を行使して巨人に移籍。順調にいけば来季中には菊池涼介内野手(28)、会沢翼捕手(30)らが国内FA権を手にする。17日には同じく来季中に国内FA権を取得する見込みの野村祐輔投手(29)が契約更改交渉に臨んだが、従来通り他球団のようなFA権取得を見越した複数年契約の提示はナシ。席上では鈴木球団本部長から「ずっと(広島に)おって」との言葉があっただけだという。

 丸に対して提示した条件も4年総額17億円で、ライバルの巨人やロッテより低かったが、選手に冷たいわけではない。過去を振り返っても、FA権を行使せずに踏みとどまった主力選手には“肩たたき”することなく、本人が限界を感じるまで現役として雇用。野村前監督や緒方監督のように指導者として起用するだけではなく、たとえユニホームを着られなくても地元テレビ局などで働けるように図らうのがカープ流だ。

 契約を済ませた野村はFA権について「何も考えていないです。まずは来年しっかりとした形にしないといけない。それで頭がいっぱいですね」と話すにとどめた。広島では選手の間で、先輩から後輩に「ここでずっとやりたいなら、目先の50万円とか100万円で球団とモメるのは得策じゃない」と契約更改に向けたアドバイスが送られることもある。プライスレスな魅力もあるだけに、選手も悩みどころだろう。

(金額は推定)