中日・平田 来季は打撃タイトル欲しい

2018年12月12日 16時30分

契約を更改した平田

 中日の平田良介外野手(30)が11日、ナゴヤ球場内で契約更改交渉に臨み、6000万円増の年俸1億8000万円でサインした。

 13年目の今季は138試合に出場し、打率3割2分9厘、シーズン162安打、出塁率4割1分といずれも自己最高の成績をマーク。「年間を通して試合に出続けられた。初めてけがのないシーズンだったので、これで『平田良介』という選手の土台ができた。今年の成績が一つの基本となって、この数字を上げていくのが、これからの目標になる」と意気込んだ。

 好成績の要因の一つに約10キロもの減量がある。昨季まで94キロあった体重を今季は86~88キロまで落とした。「体重が軽くなった分、走りは速くなったり、動きが良くなった」。今オフも「今は運動量が減っているのでシーズン中よりは食べないようにしている」と体調管理はバッチリだ。

 来季へ向けて刺激になっているのは今季首位打者と最多安打を獲得した同僚のビシエドの存在だ。今季途中まで打率リーグトップを走っていたが、終盤にビシエドにまくられて結局、リーグ3位。「(首位打者は)残り10試合ぐらいで意識すると言っていたけど、そこにいくまでにビシエドが離れていったので意識するまでもなかった」と悔しさをにじませる。

 今季は自身初のゴールデン・グラブ賞を受賞も「打撃部門のタイトルも取りたい。僕の小学校の時からの夢はすべてのタイトルを取ること。(来季は)何でもいいから一つはタイトルが欲しい」ときっぱり。そのためにもビシエドとのタイトル争いを制する必要があるが「お互い切磋琢磨できればいい」と悲願のタイトル奪取に燃えている。(金額は推定)