日本ハムの16年新人王・高梨トレード 2対2でヤクルト秋吉獲得

2018年12月11日 11時27分

2016年、最優秀新人賞を獲得した高梨。右は最優秀選手賞の大谷

 日本ハムは11日、高梨裕稔投手(27)、太田賢吾内野手(21)と、ヤクルトの秋吉亮投手(29)、谷内亮太内野手(27)との2対2トレードが成立したことを明かした。

 高梨は2013年にドラフト4位で入団すると、16年には先発で10勝(2敗)を挙げ新人王に。また、秋吉は13年にドラフト3位で入団すると、リリーフとして活躍。17年のWBC日本代表に選ばれるなど、球界を代表する救援投手となった。

 高梨は「新天地ではこれまでの経験を生かして活躍し、日本シリーズでファイターズと対戦して倒すことが恩返しだと思い、これからも頑張っていきます」とコメントした。

関連タグ: