西武・山川の新パフォーマンス「どすこ~い!」 ソフトバンク“熱男”松田のお墨付き

2018年12月05日 18時17分

新パフォーマンスに移行する山川

 5日に1億1000万円で契約を更改した西武・山川穂高内野手(27)が、来季に予定している新パフォーマンス「どすこ~い!」について経緯を説明した。

 今シーズンを通して行っていたお笑い芸人・ゆりやんレトリィバァの「調子に乗っちゃって」ポーズをやめ、新たなパフォーマンスに移行することについては「ゆりやんさんにはものすごい申し訳ないんですが、ゆりやんさんよりも、やっていて飽きてしまったので。来年はまた気持ちを切り替えて新しいものをやりたい」と説明。

 その上で“ファン参加型”の新パフォーマンス「どすこ~い!」へのシフトについては「『熱男!』がすごくうらやましいんですよね。超面白いじゃないですか。ボクの決め手になったのは山田(遥楓)の本塁打なんですよ。山田が『熱男!』ってやった時にファンも言ってたんですよ。言うんだと思って。オレもなんかやろうと思った。で、考えたのが『どすこ~い!』です」と説明した。

 すでにパフォーマンスの師匠、ソフトバンク・松田には報告済みとのことで「松田さんに言ったら『めっちゃ面白いな!』と言ってもらえた。(ファンを巻き込むのも)大事じゃないですか。ホームランを打った時ぐらい、みんなで声出して楽しめたらいい。心配なのはボクがエラーした時ですよね。その時は小さくやるかもしれないですけど、基本は元気にやります」と話した。

(金額は推定)