虎ドラ3木浪 鳥谷を手本に「開幕一軍入り」目指す

2018年12月03日 19時51分

前列左から小幡、近本、中列左から斎藤、矢野監督、木浪、後列左から湯浅、川原、片山

 阪神の新入団選手発表会見が3日、大阪市内で行われ、ドラフト3位・木浪聖也内野手(24=ホンダ)は「伝統のあるユニホームを着て、ようやく阪神の一員になれたと実感した」と話した。背番号はホンダ時代にも背負った「0」だ。

 同じ遊撃手の鳥谷を手本に「まずは開幕一軍入り。リーグ優勝と日本一に貢献して、新人王も取りたい」。中日・松坂とは生まれた病院が同じだそうで「小さなころから憧れていた人。いずれは対戦したい」と目を輝かせた。

関連タグ: