6年連続ダウン更改の祐「輝星や早大同期生に負けない」

2018年12月01日 16時30分

契約を更改した斎藤

 日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が30日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1830万円から230万円ダウンの1600万円でサインした。これで6年連続のダウン更改となった。

 球団からは「期待してますということをざっくり」と伝えられたという斎藤。今季は3試合に登板、2試合で先発(1敗)するも結果が出せず、今季一軍初登板となった4月7日のロッテ戦(東京ドーム)では、4回途中を1失点ながら8四死球と精彩を欠いた。

 これには斎藤も「悔しかったですし、そういうチャンスをつかめたら、と思います」と表情を引き締めた。シーズン終盤には一軍に再昇格し、中継ぎとして手応えをつかんだ部分もあったが「結果として全く戦力じゃなかった。こうしてチャンスを頂けるので、1勝でも1イニングでも多く球団に恩返しできるようにしたいです」と語った。

 来季からは同じく甲子園のスター・吉田輝星投手(17=金足農)が加入するが「今までは高校生で、今からは同じライバルになる。あえて何か言う必要はないと思いますが、負けないように頑張りたいです」とコメント。吉田だけでなく、早大時代の同期・福井が広島から楽天へ移籍し、同一リーグでプレーすることになり、西武・大石も含め、早大時代の“ドラ1三羽ガラス”がパ・リーグに揃うこととなった。

 近況報告も兼ねて連絡をしたという斎藤は「福井にも僕らにも本当にいい機会。刺激し合えるポイントが増えたとプラスに捉えたいです」と笑顔も見せた。後輩や同期に意地を見せるためにも、背水の陣で来季の巻き返しを誓う。