“門前払い”されたオリックス激怒! FA浅村に“一度くらい会え”

2018年11月20日 16時30分

オリックスに断りを入れた浅村

 西武から国内FA宣言した浅村栄斗内野手(28)が19日、獲得を目指していたオリックスに断りを入れた。一度も交渉しないままに“門前払い”されたオリックスは激怒し、去就は残留を目指す西武、楽天、ソフトバンクに絞られた。

 オリックスがFA獲得を目指していた浅村に赤っ恥をかかされた。19日、長村球団本部長は浅村の代理人から「今回は他の球団を選ばせてもらう」と断りの連絡があったことを明かした。

 オリックスは4年総額20億円の条件で今週中にも交渉する構えでいたが、会うこともなく断られ、同本部長は「会って話したかったというのが本音。交渉なので相手があること。こっちが選ぶことはできない」と沈痛な面持ちで話した。

 ソフトバンク、楽天と交渉を終え、いよいよオリックスの番だったが…。会うこともなくソデにされる前代未聞の事態とあって、もちろん球団内では浅村への怒りの声が噴出した。

「こんなの聞いたことがない。礼儀がなってない」

「断るにしても会ってから断れって話。ウチに来る望みは低かったかもしれないし、会うことで気を持たせたくなかったのかもしれない。でも仮にも手を挙げているんだから(交渉の)席には着かないとダメだろう」

 しかし、その一方では「それだけウチに魅力がないということ。選手は強いチームで優勝したいと考える。なぜこんなことになったのかをフロントがしっかり考えないといけないよ」とフロントへの厳しい声も聞かれた。

 さらには「FA選手くらいになると、年齢的なこともあって引退後のことを考えるでしょ。最後の球団が人気球団だと引退後の評論家生活にハクがつく。最後がオリックスじゃ…」と自虐的な反応も出た。

 4年連続Bクラスに終わり、今オフも中島(退団)や金子の大幅減俸など暗い話題が多く、FA宣言した西も流出の危機に直面している。「条件だってヨソに負けていないし、練習施設も充実している。なのに魅力がないということは、別のところに原因があるんだろう」との見方もあるほどだ。

 巻き返しの補強戦略が、土俵にも上げさせてもらえず、あえなく頓挫したオリックス。この屈辱をバネにしたいところだが…。(金額は推定)