阪神・矢野監督 ゴールデン・グラブ賞初受賞の梅野に「取って当たり前と思われるレベルに」

2018年11月09日 07時00分

 阪神の梅野隆太郎捕手(27)が8日、ゴールデン・グラブ賞を初受賞した。チームから唯一選出された扇の要は「いつかは絶対に取りたいと思っていた。この賞に満足せずにやっていきたい」と来季を見据え活躍を誓った。

 同ポジションで同賞に2度輝いた矢野燿大監督(49)も「打撃より守備を重視している賞で、ベストナインよりも価値が高いと思う」と称賛。その一方で、「自分の現役時代には古田(敦也氏=元ヤクルト)さんや谷繁(元信氏=元中日監督)みたいに、いいキャッチャーが多かった。今はそうじゃないから、取って当たり前と思われるレベルになってほしい」と、虎の正妻候補にさらなる進化を求めた。