FA宣言のオリックス・西「他球団の話を聞きたい」球団は「帰りを待っている」

2018年11月07日 18時10分

 オリックス・西勇輝投手(27)が7日、大阪市内の京セラドームを訪れ、FA申請書類を提出した。球団事務所に入ってから約30分後、報道陣の取材に応じた西はFA権行使の理由について「チームに残ってほしいと言われ、宣言残留もオッケーと言ってもらえた。でも他球団の話を聞きたいというのが素直な気持ち。野球人生で一度取れるか取れないかの権利なので、しっかり考えていきたい。このチャンスをしっかり使っていきたい」と話した。

 かねて残留に向けての話し合いを続けていた長村球団本部長は「興味を持ってくれている他球団の評価を聞きたい気持ちは理解できる」としながらも「その上で帰ってきてくれたらそれでいい。待っている」と呼びかけた。

 今季もローテの一角を守り切り、25試合で10勝13敗、防御率3・60と自身5度目2桁勝利をマーク。阪神、ソフトバンク、中日などが獲得に乗り出すとみられるが「どれだけ自分を必要としてくれている言葉を言われるか」と他球団との交渉に期待した。