【日本シリーズ】いまだ一発なし 柳田覚醒のヒント

2018年10月31日 16時30分

6回、適時内野安打を放った柳田

【インハイアウトロー 加藤伸一】鷹打線が本拠地ヤフオクドームに帰って、ようやく目を覚ました。デスパイネの3ランなど12安打9得点。最大6点差をつけられながら最後まで諦めずに4番鈴木の2打席連発や安部の満塁弾を含む2発などで1点差まで迫ったカープ打線の力もさすがだが、ソフトバンクにとっては何より勝てたことが大きい。

 打つことに関して唯一気がかりなのは主砲の柳田だ。出身地でもある広島で行われた1、2戦では徹底的に内角を攻められて6打数1安打。この日は8回に初長打となる二塁打を放つなど2安打2打点だったが、まだ柵越えは出ていない。6回の内野安打も完全に詰まらされており、本人も納得はしていないだろう。

 打撃を見る限り、明らかに内角攻めを意識してしまっている。何とか打ち返してやろうとボール気味の球にも手を出し、バットに当たってもどん詰まり。これでは投手の術中にハマるばかりだ。

 現役時代にシュートピッチャーだった自分の経験から言えば、投手は内角の出し入れだけでカウントを稼ぐことはできない。コントロールミスをすれば被弾するリスクもある。それでも内角へ投げるのは、外の変化球を生かすため。柳田に対する徹底的な内角攻めは、それだけ警戒している証拠でもある。こんなときは熱くなって内角球を打ち返そうとするのではなく、思い切って選択肢から消せばいい。投手にとって嫌なのは意識させるために投げている内角球を無視されることで、そうなると外へ変化球を投げることも怖くなる。実際に自分もそうだった。

 かつて1995年の日本シリーズでは、ヤクルトの野村克也監督がマスコミを巧みに使い、オリックスのイチローの弱点は「内角高めの速球」と戦前から意識させ、4戦目まで希代の天才打者を16打数3安打に封じ込めて4勝1敗で日本一になった。そうなってからでは遅い。

 幸い、後ろを打つデスパイネに一発が出た。柳田は4番の重責を背負い込むのではなく、相手の心理を逆手に取るつもりでリラックスして打席に立てば、おのずと結果もついてくるはずだ。
 (本紙評論家)