【日本シリーズ】ソフトバンクが広島の猛追振り切り1勝1敗1分けのタイに

2018年10月30日 22時40分

広島は8回に安部の満塁本塁打で1点差に詰め寄った

 日本シリーズ第3戦(30日、ヤフオクドーム)、ソフトバンク(パ・リーグ2位)が広島(セ・リーグ優勝)に9―8と打ち勝ち、対戦成績を1勝1敗1分けのタイに戻した。

 4回に中村晃の右前適時打、今宮の左前適時打で2点を先制すると、1―2と詰め寄られた5回には相手のミスなどで2点を追加した。再び1点差とされた6回には二死一、三塁から柳田の適時内野安打、続くデスパイネの右越え3ランで一挙4得点。さらに7回は高谷の右越え本塁打で1点を加えた。

 先発・ミランダは6回途中7安打3失点。8回に5番手・加治屋が乱調で1点差とされるが、最後は森が二死一、三塁のピンチを招きながらも何とかリードを守り切った。

 広島は3―9の8回、先頭・鈴木が2打席連続の本塁打を放つと、一死満塁から安部が右翼席へ叩き込んで1点差まで詰め寄ったが、反撃もここまでだった。先発・九里は四球から崩れて5回途中6安打4失点。6回に登板した3番手・岡田が誤算だった。