【日本シリーズ】ソフトB苦肉の策だった超攻撃的オーダー CS打ちまくった上林外しの真相

2018年10月29日 16時30分

大一番で体調を崩した上林(右)

 ソフトバンクが28日に行われた広島との日本シリーズ第2戦(マツダ)に1―5で敗れた。左翼・デスパイネ、右翼・グラシアルの超攻撃的オーダーが機能せずの黒星となったが、真相は苦肉の策でもあった。この日はスタメン落ちとなった上林が実は体調不調で万全ではなく、敵地で1敗1分けのスタートとなってしまった。

 満を持して発動させた“超攻撃的オーダー”が、初回の守備でいきなり裏目に出た。広島の先頭・田中の打球は左翼線への飛球だった。しかし、左翼に入ったデスパイネが突っ込んだものの捕球できず。そればかりか二塁打にしてしまった。

 先発のバンデンハークは一死三塁から丸を157キロの直球で空振り三振に斬るなど力強い投球だった。しかし、続く鈴木のボテボテの当たりがショートへの内野安打となり先制を許すと、3回にも川島の失策から2点を失った。

 CS、日本シリーズでは過去7戦で5勝負けなしの右腕が、5回8安打5失点で黒星を喫した。工藤監督は「今日は絶対に点を取るという布陣にさせてもらった」。そしてデスパイネについて「普通の外野手でも捕れない」とフォローした。しかし、結果的に起用が裏目に出て、守備のミスで流れを失う敗戦となった。

 初戦では守備面のリスクから封印していた左翼・デスパイネを解禁。同じくベンチスタートだった松田宣を三塁でスタメン起用すると、通常は左翼もしくは三塁を守っているグラシアルを右翼に回した。広島先発のジョンソン攻略へ攻撃を優先しての布陣を取った。

 なぜなのか。真相は苦肉の策でもあった。内川が前日の試合で左太ももに死球を受けた影響によりベンチを外れた。さらには前日6タコ4三振の1番・上林もスタメン落ちとなった。

 藤本打撃コーチは「昨日の打撃を見たら監督もなかなか使う気にならないのでは…」と話したが、本来ならシーズンでも全143試合に出場している上林の右翼でのスタメン起用が第1の選択肢にあった。ただ、第1戦から体調がすぐれず、志願出場をしたものの結果はノーヒット。そのため、この日はコンディションに不安が残ると首脳陣が判断した形だった。

 西武とのCSでは最多記録の6長打をマーク。最多タイとなる10打点を挙げた上林。チームにとっても大一番でのコンディション不良は痛恨だ。同じく前日6タコだった広島の1番・田中はこの日は猛打賞でリードオフマンとして機能した。1番打者の明暗が勝負を分けたといえる。

 幸いながら上林の体調は戻ってきており、本拠地・ヤフオクドームで戦う第3戦からは出場する予定。「ホームの試合では万全の状態で出場したい」。今季、大きな飛躍を遂げた打のキーマンは連続日本一へ残り試合で借りを返せるか。